NAUGHTY BOY KING OF ROCK'N ROLL 忌野清志郎 + 有賀幹夫写真展


INTRODUCTION

I`VE GOT MY OWN SITE TO DO!

ヒッチハイク・フォトグラファー(byロン・ウッド)、
有賀幹夫のウェブサイトへようこそ。

ここのところ面識のないデザイナーの方々から
「コンタクト先をweb上で探しましたが見つからないのでレコード会社にあたりました」
とご連絡を頂いたり、
「web上でコンタクトがとれればローリング・ストーンズのプリント購入したいのだけど、、、」
などのストーンズ・ファンによるサイトでの意見を見ることがあり、
後発ながらウェブサイトをオープンすることにしました。

マメにNEWS,BLOG等を更新していくとは思えませんが、PHOTOギャラリーは
充実させている(いく)のでチェックしてみてください。
ただ、webでの作品公開はどうしても小さいサイズにせざるをえないので、ジレンマです。
キースをドーンと一枚だけ大きくUPして(ARCHIVE-IORR1参照)
有賀のお気に入りですのでヨロシク!とできればかっこよいのに。

よく覗く海外のローリング・ストーンズを撮影しているフォトグラファー達の
サイトなども写真のサイズを大きくできないためでしょう、
枚数を多くUPすることによって充実化をねらっているようです。
それよりもフォトグラファー自身の被写体への思い、
撮影エピソードなどが述べられていたら面白いのにと思います
(小さいサイズの写真を何枚も連続で見ているうちに一枚一枚は
素晴らしいのにもかかわらず、だんだんフツーに見えてくるのは僕だけでしょうか?)。
このため撮影エピソードなどの文章をWORDS でまとめました。
(写真だけで完結していると思われるものは除く)
つたない文章であるのは重々承知しており、
覗いてみたら疲れるなぁー、と思われるようなサイトにあえてしてみました。
ご意見など頂けますと助かります。

またいろいろなページで有賀幹夫ならではの状況や立場なども含め説明がしやすくなるため
「ローリング・ストーンズ~」と何度も出てきます。
何卒ご理解ください。

もちろん上記にあるようにサイトを制作するきっかけとなった
方々からのご連絡もお待ちしています。

有賀 幹夫
2009年4月